Lightning Strikes” Munetaka Higuchi Signature Model

Sabian

型番 : Lightning Strikes

8月20日(月)までのオーダーの場合は12月24日(月)までに納品可 受注期間:2018年7月18日(水)~12月27日(木)まで ※ ご注文多数の場合はその限りではありませんこと何卒ご了承願います。

2万円以上送料無料

Chinese 24"
¥92880 ¥92880

China Splash 8”
¥25920 ¥25920

Crash 20”
¥64800 ¥64800

Crash 21”
¥69120 ¥69120

Ride 23”
¥89640 ¥89640

Hi Hat Bottom 15”
¥42120 ¥42120

コンプリートセット SLS-COMP/2018
¥464400 ¥464400

China Splash 10”
¥29160 ¥29160

Splash 12”
¥32400 ¥32400

Hi Hat Top 15”
¥42120 ¥42120

詳細

樋口宗孝と共同制作してきた “幻”のシンバルを、今、現実に、、、、。
雷のような衝撃的な音がするシンバルが欲しい  =樋口宗孝=

2005年に発売し、瞬く間に完売となった自身のシグネチャースネアドラム“EXHAUST QUAD”。この大ヒットに呼応するかたちとして、“次はシンバルや!”という本人号令のもと、シグネチャーシンバルの開発がスタートしました。当時本人が使用していたシンバルは、SABIANで現存するモデル“AAX METAL”。このサウンドをベースにしながら最強のロックサウンドに仕上げていこう!とそれぞれのアイディアを交換していきました。
 
最初に目を付けた部分がカップ。よりワイルドな倍音を出すことを目的に、レイジングを施さないカップを採用。この仕様は、今となってはSABIAN “HHX”シリーズをはじめ数多くのモデルに採用されておりますが、当時はこの仕様のモデルが少なく、これを本人がいち早く取り入れたところはさすが、先見の明があることを改めて認識させられました。そしてサウンドをよりシャープにすべく、ハンマリングを放射状に打つなどの加工を施すことでファーストサンプルを作成。その後、カップ部以外にもレインジングを施さない箇所を増やしたり、その部分がより黒く見えるようなフィニッシュにしたり、、、。そのサンプル製造と確認を幾度か繰り返し、2006年のLOUDNESS 25th Anniversary Liveに向け制作は進行していきました。
 
製品本体の作成と同時進行で行われていたのが、このモデルのネーミングとマークデザイン。本人が求めていたサウンドが、“雷のような衝撃的な音”ということで最初のモデル名候補は “雷音”(らいおん)でした。そこから、関連性のあるものとして、LOUDNESSのアルバム“SHADOWS OF WAR”の海外向けリミックス・ヴァージョンのタイトル“Lightning Strikes” との同名がスムーズに決定し、それに伴った稲妻デザインを作成。さらに何か象徴となるものがほしいという意向から、“ライジングサン”と“ハリケーン”をイメージしたマークも作成し、本体にシルバーカラーでプリントしました。このネーミングとデザインは本人も大変気に入っていました。
 
存命していれば今年の12月24日で60歳。彼の若かりし頃から応援してきた、いわゆる“リアルタイム”世代に向け、世に出せなかったこのモデルをなんとかかたちに残しておきたいという想いから、ご親族の了承をとりつつ、SABIAN社に製造可否の確認をしたところ、“当時の設計データは全て保管しており製造可能”との連絡がきたため、今回発売に踏み切りました。
 
このモデルは、2006年LOUDNESS 25th Anniversary Liveに向けて完成させたサンプルを基に作られております。本人はこのサウンドに満足しながらも、更なる探究心から、“もっとピカピカに輝かすことができないか?”、“厚みを変えたらどうなる?”、“ライドシンバルはもっとワイルドに!” “一般的なサイズもラインナップさせたい”、といった要望がありながらも志半ばとなってしまいました。よって “Signature Model”としては完全ではございませんが、生前本人が求めていたシンバルサウンドのゴールに最も近く、当時現存するモデルの中ではこれがベストであったことは間違いありません。